腰痛を改善するには①、、、

日本人の多くは腰痛を経験したことがあると思います。

腰が痛くなる原因は筋力不足といわれ腹筋運動を行い、「逆に腰が痛くなったり、重たくなった」と経験がある方がいらっしゃると思います。

なぜそのようなことになってしまったかというと【アウターマッスル】の筋肉を鍛えているからです。

アウターマッスル

体の表面にある筋肉で、自分の意思で動かせる筋肉を指します。

強い力を発揮してくれる筋肉です。鍛えれば鍛えるほど太くなっていく筋肉で、マッチョの方はアウターマッスルが多いです。

images-64

インナーマッスル

img_0466

体の奥深いところにある筋肉で、自分の意思では動かせない筋肉です。

主にアウターマッスルの補助をしてくれる筋肉です。

正しい姿勢を維持してくれる筋肉なのでインナーマッスルを鍛えると姿勢がよくなります。

腰痛の場合どちらの筋肉を鍛えた方がいいのか?

それは【インナーマッスル】です。

なぜインナーマッスルの方がいいのか?

それは次回の記事に書いていきます。

 

一覧に戻る