肘内障

肘内障とは?

幼少期(特に5歳以下)に多い、肘(ひじ)の輪状靭帯から橈骨頭が抜ける、または抜けかける症状のことです。

橈骨とは前腕部(肘から先の部分)の親指側にある骨です。

5歳以下というと小学校に上がる前のお子様たちですが、

親御さんが急いでお子さんを立たせようとしたり、連れて行こうとしたりする際に手をつながずに手首を引っ張ってしまうことで起こることが最も多いといわれています。

稀に、ジャングルジムから落ちて手をついてしまった、などの理由でなる子もいますが、ほとんどが引っ張ることによるものです。

症状としては、

まず外れたその時から、手を動かそうとしなくなります。

痛みで泣く子がほとんどで、手をぶらんと下げている状況が特徴です。

また手のひらを反すことができずずっと手の甲しか見せてくれません。

これは、橈骨頭が抜けたことにより起こるものですので、元通りにはまると治ります。

整形外科様などでレントゲンを撮ってもよくうつらないこともあり、骨に異常はありません。

抜けてしまっていますので、元のようにはめなおす必要があります。

よく、何回も外れるお子様の親御さんでもう自分で対処できる親御さんもいらっしゃいますが、連続する場合は必ずお医者様に診てもらいましょう。

特に固定をする必要はないといわれていますが、1週間くらいは包帯固定や肘のサポーターなどを使って無理な動作をさせないことは必要です。

反復してなることが多いといわれていますが、小学校1年生~2年生になるあたりで、骨や筋肉が出来上がる過程の中で抜ける現象は通常なくなります。

小さなお子様をお持ちの親御さんはお子様の手を引く際、必ず『手をつなぐ』ということを守っていただくとお子さんも力を入れてくれますので抜けることはほぼありませんので、気を付けられてくださいね。

一覧に戻る