神経痛①

『神経痛』とは?

はりで刺したような痛み、あるいは焼け付くような痛みが特徴。

(一皮かぶったような痺れがあることもある)

神経への圧迫などが直接的な原因と考えられています。

特に気温が下がる冬にかけて増える傾向があります。
こんな人は注意!

〇毎日同じ姿勢での仕事が多い

〇腰が痛い

〇冷え性に悩んでいる

〇姿勢が悪い

〇体がかたい(柔軟性が低い)

〇睡眠時間が短い

〇運動不足
上のチェック項目に当てはまるものが多い方は神経痛予備軍といっても過言ではありません。
足にかけての神経痛は主に右か左片方だけに出てくること、

腰の痛みも伴うことが多い症状です。

ももの外側やすねの外側がチクチク痛い人、

おしりから下全体ももうら~ふくらはぎまでしびれている人も対象となります。
ひどくなってくると、悪い方の足に力を入れにくくなり、

体重をかけられなかったり立ち上がりにくくなることも多くあります。

こうなってくると、仕事に支障をきたすことになるので、本格的に治療が必要となります。

 

当院では、このような症状に対しては、

★ハイボルト治療

★はりきゅう

★骨盤矯正

を主に行い、症状の改善を図ります。

ハイボルト治療では、

痛みの根本となる腰の部分に何か所かアプローチをし、まず腰の悪い部分も解消させます。

神経痛は必ず圧迫されている部分がありますので、この圧迫した硬くなっている筋肉に対しても直接アプローチをいたします。
ハイボルト治療は刺激が強すぎてどうしても苦手、という方にははりきゅう治療をお勧めしております。

はりきゅうは今回のような神経痛に関する症状に特に効果を発揮するものとされており、

当院でも腰の症状だけでなく肩や首の痛み、頭痛などの症状にもはりきゅうをお勧めしております。
そして、骨盤矯正は正常な状態に戻った筋肉に対して、今度は骨格を整えるために行う必須治療になります。

骨盤が正常な状態になっていないと、その場でどんなに筋肉が柔らかくなったり症状が取れても悪い骨盤の状態のまま数日後には悪い状態に筋肉も引き戻されてしまいます。
神経痛に関わる症状については、上記のような治療を行っていきます。

各治療について詳しく聞いてみたい、と思われる方は下記までお問い合わせいただけると嬉しいです。

一覧に戻る